読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんとかなる

乳がん1年生の備忘録。

できるようになったこと。

腋窩リンパ郭清やら抗ガン剤やらで

 

数々の副作用に見舞われた。思い通りに体が動かなくて、悲しいやら悔しいやら苦しいやら。

 

キッチン編

退院後、一人暮らしで最初困ったのがフライパン。まぁー、重く感じて。力も入らないし、リンパ浮腫とか気になるし。洗うのも一苦労。

あとは、瓶開けるのがなかなか辛くなった。これも力が入らないから。術後もそうだけど、抗ガン剤でも力がなくなった。

これまた力が入らないせいか、よく洗いながらモノを落とした。

 

→ 術後1年、ラストケモから半年。今はもう特に困っていないかな。

 

荷物を持つこと

リンパ浮腫を気にして、左側の術側でなるべく荷物を持たないようにしてた。

注意事項に書いてあったから、掃除とか衣替えとかも恐る恐るやってた、最初は。

重いものの移動は友達にお願いしたり。

 

→ スーパーの袋やカバンは術側でも持ってしまう。でも、たくさん腕を動かすとだるくなるから、気をつけてる。だるくなったら、さすったり寝るとき少し高くしたりしてます。

 

立ってシャワー

抗ガン剤を始めてから、とにかく疲れたので、お風呂の時に椅子に座るようになった。

たまに立ってシャワー浴びるとフラフラしたり、ずっと立ってることに疲れたり。

 

→ 立ってシャワー浴びても疲れなくなった!それに気づいた時は嬉しかったな。

 

飲み会参加

病気のことを知らない人との飲み会がとにかく億劫だった。なんだか引け目を感じちゃうし、久しぶりに会う人にウィッグ姿とかあえて見せたくないし、とかね。

とはいえ、ウィッグも全然気づかれないんだけどね。

友達とはしょっちゅう飲みにいって話を聞いてもらったりしていたから、それだけでいいやーって。体力も落ちてるから行ける数も限られるし。週に1度行けばいい方。

 

→ 飲み会に参加する気になってきた。学生時代の同窓会メンバーとの飲みや、昔の同僚、趣味の友達との会にも行く気になった。

たぶん、体力と気力がなかった頃はあえてそれ以上の力をわざわざ使いたくなかったんだと思う。 

 f:id:ur-not-alone:20170525004136j:image

※だからって、飲み過ぎ注意!

 

番外編⁑ 避難訓練 

半年に1回オフィスのあるビルの避難訓練がある。入社して3ヶ月の頃にあったのだけど、その頃抗ガン剤の最中。オフィスは29階。もちろんそんなところから階段で降りる体力はなく、避難訓練には不参加。考えただけでもめまいがした。

 

→ 今週、避難訓練があった。この頃たくさん歩いているし、仕事はやる気出ないし、どのくらいで降りられるのかなーなんて思って、同僚と積極的に参加!

半年前の体力と気力を考えると、ほんとに通常に近づいて来たなぁと嬉しくなったよ。

 

 

積極的治療の真っ最中には、先が見えなかったり、体力が奪われたりで、いろいろなことができなくなるような気持ちになるけど、ほんとにゆっくりだけど、少しずつ少しずつ、前の日常に近づいてくる。

 

もしも今そんな気持ちで過ごしている人がいたら、

 

大丈夫!元気になるよ!

 

と声をかけてあげたい。

あとちょっとの辛抱だよ。

 

また何かできるようになったこと、思いついたら書きます。

 

 

人間ドック受診。

1年2ヶ月ぶりの 人間ドック。

 

術後初めての受診。

前回の人間ドックで乳がん見つかったんだよな。

 

今回予約したのは主治医に出会ったクリニック。少し思い出したよねー、あの日を…(涙)あの部屋で看護師さんになぐさめられたっけね、とかね。

女性専用なのでキレイだし、全員女性でやってくれる。なかなか良い。

 

出ない。

どれかの薬のせいで便秘気味なのです。もともと便秘なんてならなかったから、まさか大腸検査に間に合わないなんて思わなかった!

通常2回分採ると思いますが、3日前から準備してかろうじて1回…。結局1回分しか提出できなかった。

あら、わたしってば便秘だったんだ、と再認識。

 

初めての胃カメラ、オエオエ。

今回から胃カメラにすることにした。

歯医者とかですぐ反射しちゃってオエオエするから、胃カメラなんて絶対オエオエするのはわかってたんだけど、バリウム飲むのも大変だからこっちにしてみた。

 

まー、オエオエだった。待合室に一番近い部屋が胃カメラルームで、待ってる時からどなたかのオエオエが聞こえてきてたよ。

 

やっぱりなかなか辛かったけど、時間にしたら短いもの。その場でわかるし、これからもこっちでいこうかな。

横向きに寝てやるのだけど、視線の先にワンコの写真が貼ってある。オエオエで悲しくなったときに見るとそこにはワンコが微笑んでる。

なんという心遣い…工夫?と感心。

 

経験者は涙も垂れ流したよ、と言っていたけれど、涙は出なかった。抗ガン剤やって強くなったのかも?わたし。

 

婦人科検診も。

気になってた婦人科も受診。

子宮頸がん検査と内診と超音波。相変わらず筋腫はいくつかあるものの、去年からは0.5mmしか成長してないし、経過観察。

ホルモン治療で子宮体がんリスクが増えると言われてるので、子宮体がん検査はやったほうがいいか?と予約時に事情を言って聞いてみたけど、まだ40代で、特に自覚症状がなければいらないと思いますってことだったから、つけなかった。

 

乳腺検査はすっ飛ばす

通院してるし、乳腺の検査はうち(聖路加)でやりますってことなので、人間ドックには付けず。

ずっと見守っていってくださいませね、聖路加さん。

また次行ったら心配ごとをたくさん質問しよっと。是非とも毎回超音波やってほしいくらいだよ。

 

息苦しさはなに?

このところ息苦しいのが気になってる。

肺活量の検査も辛かったし、日常でも突然息しづらくなったり。たぶんホルモン治療のせいかなと思ってる。

とりあえず肺のレントゲンには何もなかったから、まだずっと気になるようなら主治医に相談してね、とのこと。

 

脂肪肝+高血圧+体脂肪

最後に先生と面談で、これらが高めです、って(涙)

おっさんみたいだな、もー。

 

脂っこいものとかキライだし何故だーと思ってみたけど、

「んー…話をお聞きする限り、お酒…ですかね…」

とのこと。

休肝日が不足しがちだったので、これからは気をつける、るるる。おっさんになるにはまだ早い。

 

f:id:ur-not-alone:20170522191610j:image

 

その場でわかる結果を見ながら、ひとつひとつ説明してくれて、こんなに親切な人間ドックは初めてだわ★と思ったので、また来年もお世話になりまーす!

 

付いてるランチは、同じビルにあるレストランのビュッフェで、90分一本勝負。

季節の野菜を使った料理のビュッフェですってことなので、1人だったけど、3回は見回りして、食べたいもので食べてないものがないかチェック。

隣のおばさま方がカレー食べてたのを見て、あっっっ、食べたい…と思ったけど、すでにピラフとお茶漬けを少しずつ食べてたので、炭水化物はやめときました。

 

野菜がモリモリで美味しかったな。

ああ、満足、満足。

 

 

精神腫瘍科を受診してみた。

毎日泣いてて疲れたからさ


発覚から、手術、抗がん剤放射線終了まで10ヶ月。駆け抜けた。
で、疲れ果てた。

思えば、抗ガン剤の点滴が入らなくなった頃からメンタルが崩れ出し、泣くことが多くなった。

明るく振舞ってる人でも、やっぱりこの病気になった人は不安定になることが多いんじゃないかな、って思う。いや、どんな病でもそうなんだろう。

 

新しい環境もストレス

入社を遅らせてくれた親切な会社に入れて、前職と違って残業もほとんどしなくてよい環境に変わったのは本当にありがたい、ラッキーなできごとだったけど、それすらも、よかったのかどうか?と思い始めた。

いや、結構ね、ツライんすよ、1人チームの仕事って。上司もチームメイトも全部海外で、日本にはホントの仲間がいなくて…。
仲良くしてくれる人や一緒に仕事する人もいるんですよ、普通にいい人たちが。
でもなんか、自分だけしかいないと思うと、すごいプレッシャーを感じてしまって。

しかも英語だし。
もう、
あたしは日本国内で、日本語のみで暮らしたいんだ!日本バンザイ!海外旅行とかもう行かなくていいわい!
って、ことあるごとに言いまくってた。
あんなに海外だのなんだのに興味があったのにね。
英語も目からも耳からも入ってこなくなって。まいったよ。


精神腫瘍科を受診

ってなわけで、毎日泣くのにも疲れたし、このままでは会社も辞めてしまいそうだし、何よりもやる気と気力が見当たらない。何にも好奇心もわかない。


これは、うつだな。
しかももう何気に数ヶ月経ってるな。

と心配になったので、放射線治療の最後の診察で先生にお願いして、精神腫瘍科の先生の予約を取ってもらった。

先生は本も出されていて、いろいろなイベントに出たりされてる人で、なんか明るそうな人だなぁと思って会ってみたかった。

2月末に初めてお会いしたのだけど、
「こないだまで毎日通ってたんだし、もっと早くくればよかったのにー」
と言われた。ほんとにそうだよ。

乳がんの治療や仕事、生活の話を一通りして、薬をもらった。トレドミンっていう薬と胃薬、眠れなかったので入眠剤を。
セロトニンが少ないのがいけないということで、それを増やすための薬、抗うつ薬らしい。
トレドミンは最初1日1錠だったのだけど、2週間後も変わりがなかったので、1日3回に追加された。


眠れないし起きちゃう

この頃一番困ってたのは、なかなか寝付けないのと、すぐに起きちゃうこと。
最初、マイスリーをもらったのだけど眠れても3時間後にまた起きてしまうので、レンドルミンというのに変更された。5時間は眠れるんですと。
私は8時間寝るのが一番合うので、まだそれでも足りないの。なので、少し経った頃さらにレスリンって薬も出された。長く寝れるんだそうだ。

大丈夫なのかしら、この薬漬け生活。
とりあえず元に戻るのに3ヶ月は飲んで、と。それから3ヶ月かけて薬を減らしていくそうな。間もなく3ヶ月経過。


カウンセリングとは違う

その頃すごくストレスを感じていて、いろんなことに不安でまいってた。
わたしの悩みや思ってることを聞いてくれたりするのかと思ってたけど、心療内科?精神科?っていうのはそういうところじゃないんだ、ってことがわかった。薬でその症状を改善するんだね。
最初、もっといろいろ話したい、聞いてほしいのにー!と思ってたけど、確かに薬で良くなって来たし、

やる気が出なくて、ダメダメな気持ちになるんです!ダメダメ病なんじゃないでしょうか!

と言っても、
「ダメダメ病じゃないです。うつです。治りますから。」
と。

薬漬け生活はちょっと不安だけど、
「僕は100%治してきたから、絶対あなたも治します」
って自信満々に断言するから、信じてみることにした。


ホルモン治療も始まる

実はその前日からホルモン治療が始まって、タモキシフェンを飲み始めた。
だから、なんか身体に変化があっても、もはやどっちの副作用なのかわからない。
眠れないのは夜にタモキシフェン飲んでるからとか関係あるのかな?
5月末の今、飲んでる薬は胃薬含めて5種類。多すぎる…。


セロトニンってことはさ

朝日を浴びるとかよく書いてあるよね。
このごろ朝早く起きれないけど、夏に近づいてきたし、起きてみますかね。
ひとまず、ずっとサボってたラジオ体操を復活させてみたよ。

生じゃないよ、iTunesからダウンロード。だからいつでもどこでもできるよ。
f:id:ur-not-alone:20170520141557j:image
あと、先生のオススメはスクワット。筋トレとかジムでやらないなら、家でできるスクワットをやるといいよ、って勧められた。
先生は、運動療法を推していて、薬を飲みたくない人には運動療法を提案したりするみたい。

ひとまず、ウォーキング+スクワットをなるべくやるようにしてる。続けるのみ。

 

術後一年、Re-born記念日。

去年の今日手術した。だから今日はRe-born記念日。

 

怒涛の治療生活と、怒涛の転職生活で、あっという間だったような。

でも、だいぶ疲れて、たくさん泣いて、たくさん悩んで、ひたすら走り続けた一年。

無事1年経って、ほんとに良かった。半年前は、こんなに元気になれるとは思っていなかったからね。

 

続きを読む

放射線の続き。

25日、5週間の毎日の放射線通院。 

 

出勤前に通っていたので、わたしのルーティンはこんな感じに。

  1. 8時過ぎに家を出る。
  2. 50分のウォーキング。(雨の日は電車)
  3. 9時前に病院に着く。
  4. 放射線照射する。15分くらい。
  5. 週一の先生の診療がなければ、9時半には終わる。
  6. 途中のドトール(もしくはタリーズ)で10時までお茶。
  7. 10時半に会社に出勤。
続きを読む

放射線25日。

年明けからは放射線照射が始まった

 

年末に、放射線腫瘍科の先生の診察があって説明を受けた。その時に、一気に25日分の予約を入れた。毎日同じ時間に来てくださいね、とのこと。

会社へ行く前に通うことにしたので、毎朝9時に予約を入れた。

 

照射の3日前に、わたしの体の情報をコンピューターに取り込むための治療計画CTを撮りに行った。照射部位は、再建乳房と鎖骨上窩。全ては再発予防のため。やらない場合、再発率が4倍なるらしい。

その日から、マーキング生活が始まった。

こんな感じ。

続きを読む

カラーをした。

ラストケモから半年。

 

ゴールデンウィークに、ウィッグメンテナンスに行った。

ヘアエピテーゼは、ウィッグのカットは無料でやってくれる。

 

トリートメントは有料。

セミロング以上だと肩とかに髪が擦れて毛先がちぢれてきちゃう。毎週シャンプーとトリートメントを自分でやってもなかなか元には戻らない。

そこでトリートメントをやると、サラサラまっすぐ元どおりに!

お金払ってでも1ヶ月から1ヶ月半に一度のトリートメントをしております。

続きを読む