なんとかなる

乳がん2年生の備忘録。

初ケモのその後。

思っていたより、平気だった。

 

というのが率直な感想。

1回目の抗がん剤でどんな副作用が出るのかをみてみて、その後を考えましょう、というスタンスだったので、とりあえずは様子見だった。

もっといろいろ苦しかったり、辛かったりするのかと思っていたけど、わりと平和に過ごせた。

さすがに当日の夜は、寝ている間に頭が混乱した感じになったり、足がつったり、変な夢をみたりしたけれど。

 

でも恐れていた吐き気はほとんどなかったし、なにより食欲が、ある。なんか思っていたのと違った。

母親が泊まっていった2日間は薬が効いているおかげで元気だった。念のため家でじっとしていたけれど。一緒に料理したり(わたしは指示するだけ)してた。

紫蘇ジュース作ったり。でもこれ、アドリアシンに色がそっくりで、よくないよね。美味しかったけど。

f:id:ur-not-alone:20170430235235j:image

 

3日目、ジーラスタを打ちに

白血球をあげるためのジーラスタは、抗がん剤をやってから24時間以上48時間以内に打ちにいかないといけない。なので、3日目に打ちに行った。その日はなんかだるだるであんまり食欲がなく、なんか変な感じだったけれど、注射を打った午後から元気になって、買い物に行ったりご飯をがっつり食べたりした。

多分、気持ちの問題だったのかも。

 

吐き気止めの薬が切れるころから、だるだるが増してきて、ひたすら眠くて、すぐに横になってしまうようになった。

そういえば初日、母が泊まると言ってます、と先生に話したところ、

「んー?それなら今日とかじゃなくて4日目以降とかの方がいいんじゃない?最初の3日くらいは薬が効いてて多分平気ですよ」

と言われた。

ふむ、たしかにおっしゃる通りだった。

だるだるだから家のこととかやってくれるとありがたい。でもだるだるだからこそ、ひとりで寝ていたい…。難しい選択だ。

 

10日目の朝、腰の激痛で目覚めた。

何かあったらすぐに電話してください、といつでもウェルカム状態なので、すぐ電話して聞いてみたら、どうもジーラスタの副作用っぽい。退院した時にもらっていた痛み止めのロキソニンを飲んでということだったので、それで対処した。

それにしても痛みで目覚めるとかなかったので、ビックリした。強い鈍痛って感じだった。

 

髪はまだ元気です

気になる脱毛、でも 1クール目の14日間では起こらなかった。

でも!!!

そろそろ2回目の抗ガン剤ですよー、という頃、下の毛から抜けてきた。ビックリ。

わたしが思うに、直前までIラインのレーザー脱毛をやっていたから抜けやすくなってたんじゃないか、と。わりと勢いよく抜けてった。

髪もそろそろだな、と覚悟を決めた。