なんとかなる

乳がん2年生の備忘録。

ウィークリーパクリタキセルを12週間。

ACのあと、12週間連続でパクリタキセル



8月下旬から11月半ばまで、毎週土曜日にパクリタキセルを受けた。

 

9月から新しい会社で働き始めたので、週末に通うことに。土曜日診療、ほんとにありがたい。

※聖路加の土曜日診療は、残念ながら無くなるそうです。働く人の味方だったのになー。残念すぎる。

 

血管が見つからない!

毎週な上に、左はリンパ郭清しているせいで点滴に使えないので、すべて右手でおこなった。もともと血管が見つかりづらいのだけど、さらに輪をかけて、どんどん使えなくなってしまい、毎回何度も何度も刺されて、精神的にまいってしまった。

一番多い日は、4回目でやっと成功することも。3人の看護師さんが頑張ってくれた日もあった。

 

血管のために、

  • 朝、血行を良くするために歩いていく
  • カイロであたためながら通院
  • お湯で温める
  • 毎回最初にしばし温めてもらう
  • 朝ごはんをちゃんと食べて水を飲む

などの涙ぐましい努力も。

 

その他の副作用はこんな感じ。


皮膚・爪

爪がやられないようにということで、アイスグローブで毎回手足の先をキンキンに冷やした。

ACの時に黒くなった爪と手の節は、パクリになってからは薄くなった。終了時には、爪の先の3ミリくらいに色が残ってた。マニキュアで保護してた爪は、取ってみると爪先が荒れてる。 


脱毛

AC後より、さらに脱毛が進んだ。髪はちらほらと白髪メインの残りがある。まつげは左右とも3本残り。眉毛はゼロに(涙)鼻毛もいつの間にかなくなってた。鼻血も出た。

髪の脱毛についてはまた別途書こうと思います。


味覚障害

あまり感じなかった。たまーにいつもと違う感覚があったくらい。よく喉は乾いた。 


関節痛・筋肉痛

投与後2日目くらいから3日間くらい体の節々、特に上半身が痛かった。これは毎回あった。


痺れ

半分過ぎたくらいから手先足先に痺れを感じてきた。熱いものがより熱く感じる。ピアスとかネックレスの金具とか小さいものがやりづらく。痺れは終わってからも少し増えるかも、と聞いた。未だに指先はなんとなく痺れてる。


こころ

何気にこれが一番辛かったかも。半分過ぎたくらいから、気持ちの落ち込みが激しくなってきた。 無気力…。

最後の方は精神的に崩壊して、毎回泣いていた。先生も看護師さんも驚いたと思う。たまにタクシーで行った日もタクシーの中ですでに泣いてたり、血管見つかるのを失敗されるたびに泣けるし、優しい言葉をかけられても泣く。

5日間働いて、土曜日通院して1日それで潰れて、気分的には1日しかお休みでない感じ。その日曜日は疲れ果てて寝てばかり。

転職したのはよかったのかどうか、と考え始めてしまった。たぶん生活自体に疲れてしまったのだと思う。

そうなると、自分の見た目(坊主姿や眉がないとかまつ毛ないとか)を見るだけでも悲しくなってしまう。いったいなんでこんなことに、と思ったり。

 

終わり間近に、精神腫瘍科(がん患者とその家族や友人のための心療内科みたいなもの)の先生の診察を受けたいなと思って聞いてみたのだけど、看護師さんと話したら、眠れてるなら大丈夫だと思うと言われた。

まぁ、抗ガン剤ももう終わるし、快復するかなと思ったからそのままにしたけど、結局気力は戻らなかったので、この時行っておけばよかったかな。

 

体重と体調

回を重ねていくと合計3キロ増えた。

むくみなの?ただ太ったの?ナゾ。たぶん、むくみ。足のむくみが特に気になった。動くと全体的に重くて疲れた。駅の階段を上るのがすごく辛かった。途中で休みながら上ったり。

あとは、足元がなんだかおぼつかなくなってしまい、いつ転ぶかと思いながら歩いてた。全体的にふわふわした感じがあった。

 

ケモブレイン?

とにかく頭が働かない!回らない!これは新しい会社で本当に困った。仕方ないとは思いつつ、焦るばかり。できないことが多くなった気がして、これが原因で気持ちが落ちたのかも。 

でも年齢的なのもある気もするし、ほんとのところは不明。

 

ACよりは体調的には良くて、なんとか会社にも通えた。疲れたし、辛かったけどね。

 

ケモ終了祝い!で、控えていたお寿司を食べる会。高校時代の友達2人とツヤッツヤのお寿司を食べに。感無量!

ずっと支えてくれた友人に心から感謝。

f:id:ur-not-alone:20170506202354j:image

 

パクリタキセルが終わったら、やりきった感とか解放感とかあるのかな、と思ったけど、なんだか疲れ果ててしまった。

 

前に主治医が、

燃え尽き症候群になることがある」

って言っていたけど、そんな感じ。喜びに溢れると思っていたんだけどな。

 

今回、過去のことなので一気にまとめて副作用のまとめを書いているけれど、日記やインスタの投稿を見ると、いろいろあったな。さすが、5ヶ月間の抗ガン剤。1年の半分近くだもんね。長いよね、よく考えると。

その時は一生懸命だったんだ。

 

でも、何事も終わりは来る!

必ず終わりは来て、回復していくから、大丈夫です。