なんとかなる

乳がん2年生の備忘録。

長い入院生活といろんな訪問者。その2。

毎日がパーティ?

 

大騒ぎ体質のせいで、毎日毎日たくさんの友達が遊びに、お見舞いに来てくれた。 

ur-not-alone.hatenablog.com

 

ほんとうにありがたい。

何より気分が紛れるし、病室はなぜか笑いに溢れてた。 

笑いってすごい。

 

会社からも徒歩で来れたので、ランチタイムとか終業後に同僚が寄ってくれたりした。

入院期間が長かったこともあって、その間に何度も来てくれた友達もいた。友達のお母さんまで来てくれた!

 

食べ物に制限がまったくないので、いただきものも何でも食べれたし、時間があるだろうからとみんなが雑誌を買ってきてくれて、窓際には立派な本屋が出来上がった。

 

イギリス好きなわたしのために、癒しグッズ?でこんなのをもらった。

手を振るエリザベス女王。太陽の光で手を振るの。

f:id:ur-not-alone:20170424232432j:image 

この女王陛下は、部屋に来る先生や看護師さんが、

「今日は手振ってないですね」とか

「今日はすごい勢いですね」とか

毎日観察していった。ちょっとした人気アイテム。ついでに天気もわかる。(晴れてるとすごい振る!)

毎日エリザベスの微笑みに癒された。

 

そして、海外にいる友達が、こんなバルーンを送ってくれた。びっくり⭐︎

f:id:ur-not-alone:20170424232018j:image

こちらも看護師さんやお部屋の掃除に入ってくれる方(毎日お部屋の掃除がある!)が、かわいいかわいい、と言ってくれる。 

バルーンのお見舞い、とってもステキだと思う!

 

こうやって、いろいろなものが増えていったわたしの部屋を訪ねてきた友達は、

「なんですか?ゆうべはパーティでもあったの?って感じ」

と言ってた。まさしくそんな感じ。

 

20時までが面会時間になっていたのだけど、個室だし、そこまで厳しく言われないし、周りの病室もわりとそんな感じで夜はワイワイしてた。

個室って、いいね。

...1日3万円だけどね。

 

ある週末は、なぜか病院の全館停電の日が重なって、テレビもつかずトイレもシャワーも暗いということもあったけど、今となっては貴重な体験。

ほんとは、1日何も使えなかったんだから、と、この日の個室代を値切ろうと思ったけど、その後すぐに退院できたから、大目に見てやったよ。

 

おもしろかったのは、たまたま同じ時間に来てくれた友達同士が、そこで友達になったこと!ご縁てたのしい。

 

ほぼ、毎日、訪問者がいて、退屈しない入院生活でした。楽しかったな!

 

入浴とシャンプー

ドレーンが取れると翌日に退院できるのだけど、それまでの間はシャワーを浴びれないので、毎日看護師さんがあったかいタオルで身体を拭いてくれた。

髪は別の部屋でシャンプーしてくれる。

白衣の天使、至れり尽くせり。

部屋に戻って来たら、ドライヤーを借りて自分で乾かす。これがまたいいリハビリになったりする。

 

おっぱいとの対面

そういえば、術後に初めて身体を拭いてもらった時に、まじまじと自分の胸を見た。

同時再建でエキスパンダーを入れていたので、膨らみはあるものの、乳輪乳頭は取ってしまったし、傷口も真一文字にある。実に痛々しい。

 

最初看護師さんに、

傷口見ても平気ですか?

と心配されたけど、傷口見るのは全然なんともなかった。

もっと感傷的になったりするのかな、と思ってたけど、予想に反してアッサリとしたものだった。エキスパンダーが入ってたおかげもあるのかもしれない。

 

わたし、自分の身体にあまり執着がないのかもしれない。

でも、それでも、ひとと違う見た目の身体になってしまった、と考え始めると、こんなわたしでもいいと言ってくれる殿方はいるのかしら…と途方にくれるよ。

 

昼間の活動

友達が来ていない日の昼間は、寝てるか、屋上庭園にお散歩に行くか、スタバに行くか、それくらいしかやることがなかった。

屋上庭園はきれいに整備されていて、5月末だとポカポカしてきて気持ちよかった。

 f:id:ur-not-alone:20170425000510j:image

 

あとは、やらなきゃいけないこと、やりたいことを手帳に書いてやってった。書かないと忘れちゃう。

保険会社への連絡、会社への書類、何より転職エージェントへの連絡…。治療期間が延びそうですと伝えた。

家の更新(なんでこんな時期に!大出費!)、病院のいろいろはカード払いだったので、カードの上限確認。(このあと1年におよびマイルを貯めまくれたのはよかった)

ウィッグ探しを始めたり、もしかしたら半年休むかもと心を決めて、趣味に使う機械を輸入することに決めてみたり。

しっちゃかめっちゃか。

 

こんな風にわたしの13日は過ぎてった。

 

そしてついにドレーン抜去!

ドレーン取れた日の、シャワーの爽快感てば!自分で入るシャワーは傷を気にして緊張したけど、自分でできるってすばらしいことだね。

 

というわけで、退院は5月31日となりました。