なんとかなる

乳がん2年生の備忘録。

おっぱいの状況。

こんなに、「おっぱい」を連呼したことなかったよ、今まで44年生きてきて。

 

乳がんの疑いを持って、いよいよほんとにヤバそうだって思うまで、お風呂とかでちゃんとおっぱいを見たことがなかったんです、わたし。

 

いろいろなサイトで調べると、乳がんのサインは以下のとおり。

 

  1. 乳房やわきの下にしこりがある
  2. 乳房にひきつれやくぼみがある
  3. 乳頭の異常(湿疹、ただれ、分泌物)がある
  4. 乳房の皮膚に異常(発疹、はれ、ただれ)がある
  5. 乳房の膨大感(初赤、痛みを伴う)がある

 

わたしが自分の胸を鏡に映して見ると、

  • 全体的に胸の大きさが違う(今まで同じような大きさだと思ってた)
  • 垂れ方がなんか違う(左は張りがなくて垂れてた、ゼリーがぼよんと偏ったみたいな)
  • エクボみたいなくぼみがある(ペコっとね)
  • 乳首が陥没気味(左右形が変わってた)

 

いつの間にか、こんなに左右が違うものになっていたことにびっくりしたのでした。

今となってみれば、こんなに変化があったら気づくだろう!と思うのだけど、自分の身体に関心がなさすぎたのか、忙しすぎたのが、とにかくこの時まで一切気がつかなかったのだ。。。

 

自分のおっぱいをまじまじと観察して、ああ、これはほんとにやばそうだな、と思ってお風呂で寒気がして呆然としました。

 

みなさん、自分の身体はちゃんと観察しましょう。