なんとかなる

乳がん2年生の備忘録。

乳がん

副作用対策で、女子力アップ。

休職中が一番女子力アップしていたかもしれない。 女子という歳じゃないけども。 ケモが始まった頃、乳がんアカウントのインスタグラムを始めた。 友達に話したりはしていたけど、やっぱり同じ病気でないとわからない気持ちや弱くなった気持ちを吐き出す場所…

下着のはなし。

そうそう、下着。 退院後すぐは、購入した前開きのブラを交互に使っていたけれど、そろそろ前開きじゃなくてもいいかもと思って、探し始めました。 ホールド力はあったほうが良さそうで、形成外科の先生は、 今出てるユニクロのブラトップは優秀! と言って…

奈良に行ってきました。

鹿に会いに。 いや、会いたい友達に会いに。美味しいものを食べに、関西へ。 乳がんが見つかってから、2つの出張、旅行をキャンセルして治療生活に入ったので、一泊以上のしかも家族とじゃない、アクティブな旅は初めて。1年以上ぶりになる。 毎日13000歩以…

脱毛とウィッグとその周辺。

初ケモから20日後、脱毛始まる。 周りの人の話を聞いてると、遅い方だったと思う。 ウィッグを買いに 初ケモと2回目の間に、ウィッグを取り扱ってる美容院へ行った。会社に行くことを考えると、バレにくいやつがいいかなーと思って、ヘアエピテーゼというと…

初ケモのその後。

思っていたより、平気だった。 というのが率直な感想。 1回目の抗がん剤でどんな副作用が出るのかをみてみて、その後を考えましょう、というスタンスだったので、とりあえずは様子見だった。 もっといろいろ苦しかったり、辛かったりするのかと思っていたけ…

初ケモ。

忘れもしない、6月27日月曜日。 初めて抗ガン剤ってものを、わたしのピュアな身体に入れる日が来た。 抗がん剤 ≒ 化学療法 = ケモセラピー で、“ケモ”って呼ぶんだと、自分が乳がんになるまで知らなかったよ。 朝病院へ行くと、まず身長、体重、血圧を測っ…

あの子なら、大丈夫。

抗がん剤前のラスト数日は生もの三昧 元気なのも6月末まで(抗がん剤始まるまで)かな、と思ったので退院後の1ヶ月はたくさんの友達と会って、ごはん行って、話しまくった。 それも大詰めを迎えた頃、やっぱり生ものを心行くまで食べておかないと!と思って…

いろんな事情。

買い物欲がすごくなった。 入院前に入ったAmazonプライム。 うっかり入院が長引いたもんだから、1ヶ月の無料お試し期間の解約をするのをすっかり忘れてしまい、正規会員に。 でも、病人には超便利!だって、なんでも翌日に届くんだよ。欲しいもの、必要なも…

再縫合、そして抗がん剤が決定。

退院してからの1ヶ月弱、とにかく忙しかった。 退院直後、一人暮らしのわたしの食生活を心配して、友達が会社帰りに寄ってくれたり、ご飯作ってくれたりした。(※お料理はきらいじゃないけど苦手です) みんなの優しさが身にしみた。 その後のブレストセン…

病理結果とPET-CT。

退院して9日後、病理結果を聞きに行った。 もういいんですよ、抗がん剤必要ってわかってますから。 でもね、リンパ19個検査して、6個に転移があったって。朝一の予約だったけど、朝一ショック。 前日に初めて会った同じ病気、同じ主治医の方から 病理結果、…

退院とこれから気をつけること。

退院っ! 月をまたがなくてよかったよ。 長い入院生活の間にわりとなんでもできるようになった。 たとえば、髪を結ぶこと。 最初は全然腕が上がらなかったのだけど、毎日の生活でいつの間にやらできるように。 どんどん腕が上がるようになって嬉しかったり。

長い入院生活といろんな訪問者。その2。

毎日がパーティ? 大騒ぎ体質のせいで、毎日毎日たくさんの友達が遊びに、お見舞いに来てくれた。 ur-not-alone.hatenablog.com ほんとうにありがたい。 何より気分が紛れるし、病室はなぜか笑いに溢れてた。 笑いってすごい。

長い入院生活といろんな訪問者。

ぜんぶ、ドレーンのせいだ。 術後ドレーンを二本つけていた。一本はすぐにはずれたけど、排液の量が減らなくてもう一本がどうにもこうにもはずれない。 主治医の説明だと5日くらいと言われていた入院期間、なんと結局13日となりました。 …ええ、すごい個室代…

手術の翌日と翌々日。

病院の朝は早い。 手術当日はいろんな管をつけたままの状態で寝ていた。夜中には何度も何度も看護師さんが来てくれ、対応してくれた。 父がずっと入院しているため、病院関連事情に慣れてる母も、この病院の素晴らしい対応ぶりには感動してた。 自由の身にな…

全摘+同時再建手術。

朝一の8:45から手術予定。 6時前には起こされ、用意された飲み物を飲み、感染症予防のために専用のスポンジとせっけんで入念にシャワー。さらには看護師さんをシャワー室の呼び出しボタン呼んで、ちゃんと洗えているかチェックしてもらう。たしか二回この専…

告知から一年。

先生が、乳がんだって言ったから、四月二十日は私の告知記念日。 俵万智(サラダ記念日)風にしてみました。 一年前の2016年4月20日。 不安のど真ん中での告知。 2週間前から怪しいとは思っていたけど、やっぱり悪性と確定されるとショックなもの。 頭と身体…

入院当日。

手術予定日の前日、5/19に入院した。 9時過ぎに麻酔科の予約が入っていたので、荷物をキャリーバッグに詰めて、タクシーで向かった。 家から病院までは、タクシーで約15分。まあまあ近い。 入院受付は10時だったけれど、9時過ぎに麻酔科の診察。質問と説明を…

大騒ぎ体質。

わたしは何かが起こると一人で留めておけないタイプ。 かなりあけすけな女だと思う。 昔から好きな人ができれば、あーでもないこーでもないと話しまくり、仕事で嫌なことがあればグダグダ話しまくり、何か悩みがあればその悩みを話す。 もちろん、誰彼かまわ…

入院準備。

2週間くらい前からぼちぼち入院準備を始めた。 準備って言っても、何しろ全室個室でシャワー・トイレ完備、シャンプー・リンス・タオル類などホテル並みの(言いすぎか。)アメニティもついてる。 だから、ほんとに術後に必要なものだけを揃えておけばよかっ…

会社のこと。

上司が出張から帰ってきた。 告知されてから週末を超えた月曜日。 出張おつかれさまでしたー。どうでしたかー? なんて話を散々してちょっと経ったころ、上司(男性)が聞いてきた。 「で、検査の結果はどうだったんですか?」 会ったらすぐ言おうと思ってい…

1ヶ月の間に考えたこと。やったこと。

手術までの1ヶ月の間にいろんなことを考えたり、準備したり、やったり。 今後のわたしの人生 全摘手術をする、と決めたけど、 これからのわたしの人生どうなっちゃうの?! という漠然とした不安が押し寄せて来た。 私は告知後、どちらかというと病気につい…

おまけ:大腸内視鏡検査

人生初の辱しめ、大腸内視鏡検査を体験。 まさかこのタイミングでこんなオプションがつくなんて、神様もかなりやってくれる。 2、3日前から繊維質のものをとってはならず、うっかりゴマとか食べたときはやばっ!と焦った。 前日から当日にかけて、2リット…

手術前のいろいろ。

それから1ヶ月の間に4回ほど病院に通った。 不安なことや質問があったらいつでも連絡してくださいね、と主治医の名刺をいただいた。一番不安な時期にすぐにメールで連絡できたのは本当にありがたい。(ただし、返信は要点のみでかなりあっさり) そんなこん…

乳がん告知。

検査からの1週間は眠れなかった。 ずっと夜中の検索がやめられなくて、目をつぶればドキドキしてた。 月曜日からアメリカへ出張だったのをキャンセルさせてもらい、人の少ない職場で仕事。とりあえず仕事だけはたくさんやることがあったので、冴えない気分な…

おっぱいの状況。

こんなに、「おっぱい」を連呼したことなかったよ、今まで44年生きてきて。 乳がんの疑いを持って、いよいよほんとにヤバそうだって思うまで、お風呂とかでちゃんとおっぱいを見たことがなかったんです、わたし。 いろいろなサイトで調べると、乳がんのサ…

聖路加デビュー。

ちょうど一年前の今日、忘れもしない聖路加デビューの日でした。 午後休をとり、てくてくと20分、春真っ盛りのお散歩しながら、病院へ。普通の午後休だったら幸せな時間よね。 芸能人の乳がんニュースもあってか混雑真っ只中のブレストセンター。周りの待っ…

レディースクリニック。

検診から約1週間後、予約したレディースクリニックを受診。 それまでの間、ネットで調べまくった。何を調べたかというと、乳がんの症状。 乳がんじゃない、そんなわけない、この私が!と信じたかった。 自分の症状(チクチク)はなんなのか? 乳腺症じゃな…

人間ドックと紹介状。

そんなわけで、年度末ギリギリ、3/30の人間ドック。 疲労困憊で、さらには直前に風邪をひいて、気管支炎になるというコンディション。 満身創痍、って言葉聞いたことはあったけど、お恥ずかしながらこの時まで意味を知らなかったよ。同僚に言われて知りまし…

チクチクからはじまる。

なんだかね、2016年3月のある日から左胸がチクチク痛んだんだよね。 そのころ仕事が忙しくて忙しくて忙しくて、気持ちにも余裕がなかったけれど、今まで感じたことないチクチクだったから、気になるなぁと思っていたのです。 手帳のひとことメモとか、友達に…

なんとかなる。

2016年の春に乳がんになりました。いや、なったのはきっと何年も前だけど。 発覚からまもなく一年になろうとしています。 一年の間にたくさんの治療をして、いろいろな経験をしましたが、きっとその経験が、同じように不安な気持ちでいる人の役に少しでもた…